みなさんこんにちは。

ナオです。

昨日師匠のりゅうじーんさんにブログの開設方法について教えてもらい、開設したものの、まだまだ色々書きたいことが整理できていないナオです。

本日は私の「自己紹介とせどりを始めたきっかけ」というテーマで記事を書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

私は現在某病院に努める30代の医療人です。病院といっても医者ではありません。

職種は理学療法士という職種になります。

理学療法士って何?という方もいるのではないでしょうか?

理学療法士とは

仕事も充実し、妻と幼い二人の子供にも恵まれ、毎日忙しくも、楽しく過ごしています。

病院勤務ですので、比較的朝は早く、夜は遅くまで働き、帰ってきたら、幼い子供に出迎えられ、一緒にお風呂に入ったり、ごはんを食べて、家族を持つとこんなに幸せなのかと感じています。

ですが、さきほど述べた理学療法士という職種は決して高給ではありません。

自分一人の給料で家族全員を養うというのは相当厳しいものがありました。

またこの仕事は対患者ということもあり、どの仕事でもそうですが、人間関係にストレスを感じることもありますし、何より肉体労働の側面があるので、今でこそなんとかなっているものの、自分が50代になっても同様のパフォーマンスで仕事ができるのか?給料が上がるのか?という不安を持つようになりました。

妻は幸いに、共働きすることに何ら抵抗はなく一緒にがんばろうと言ってくれていますが、一家の大黒柱としての責任感と、お金が理由で、ちょっとした我慢をさせたくない、あと少しお金があればもっと楽しめたのに。そんなことを考えるようになりました。

そんなときに知ったのが「せどり」というamazonを利用した転売ビジネスです。

2016年1月からamazonアカウントを取得し、翌月2月から本格的に始動しました。

2016年8月現在せどり開始して約半年経過し、自分なりに結果が少しずつついてきました。

次回は今までの実績と反省点について書いていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また少しずつコツコツとブログの更新をしていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。