こんにちは。副業せどりのナオです。

本日も閲覧いただきまして、ありがとうございます。

本日は経験のないことは積極的に調べてみようというテーマになります。

せどりにおける、商品は多岐に渡り、膨大な商品を目の前にして、どの商品をどれだけリサーチするかというのはとても考えさせられるし、とても労力のいることです。

よく全頭(棚をすべてリサーチする)しなさいと言われます。

全頭

その必要性は私自身ものすごく痛感していますし、そのリサーチから得られることというのはとても貴重な情報です。

ですが、あまりの商品の多さに心が折れることもしばしばあります。

そんなときはその月の自分のテーマを絞ることが大切です。

あれもこれもとリサーチしてもなかなかうまくいきません。

結局何も成果が出ずに、終わるという結果になります。

ですが、一つのことに集中してリサーチをするとその店舗でこれだけリサーチした結果、どうだったという結果が得られます。

かりに商品がとれるものがなかったとすると、とれるものがなかったという成果が得られます。

やった

そのような場合はまた機会を改めて、別のジャンルや商品をリサーチします。

そういうことを繰り返して自分の積み上げができていきます。

私は中古のゲームをよくリサーチして仕入れすることが多いですが、ゲームの特徴として、商品数が少ないという特徴があります。

ゲーム機にしても種類が限られています。一度リサーチしたものを覚えていることもありますし、忘れていることもあります。

忘れていたとしても再度リサーチするとだんだん覚えていきます。

リサーチを続けることで、リサーチする必要性がないことが増えてきます。

よく見ただけで商品をぬきとるということがありますが、以前にリサーチ、販売を通じて、自分の相場感、売り方が確立しており、値段だけみて利益がとれると確信があるからです。

店舗に入ると見慣れない商品に出くわすことがあります。

つい先日こんな商品に出くわしました。

https://www.amazon.co.jp/dp/B0000YEF3O/

見慣れないパッケージだなと。

なんだ

見た瞬間あれはなんだ?と単純に思いました。

ただのPS2のメモリーカードか?と思いました。

自分の中でのメモリーカードの相場は中古で数百円、新品は正直見たことありません。

新品に関してはかなりいい値段となっていることは知っていました。

http://mnrate.com/item/aid/B00005OUPL

ショーケースにあったのですが、見せてもらうと、新品の未開封品でした。

なんだ?あのパッケージは?メモリーカードであんなパッケージみたことない→とりあえずみせてもらう。

なんだPS2のメモリーカードか。どうせ中古だろとかそういう先入観とか固定概念は捨てた方がいいと思います。

ちなみにそのメモリーカードの仕入れ値は1980円でした。

実際はどうなったかというとこちらです。売れたもの823

8月4日に仕入れして、納品が8月6日頃だったと思います。

売れたのが8月21日ですので約2週間ですね。

利益率約100%です。結果的に素晴らしい利益の商品に出会えました。

閃き

 

僕は基本的にあまり商品を長く置くということはしません。

長くても2か月で売り切るつもりで仕入れしています。

それは売れる商品だけを選別しているのではなく2か月で売れる工夫をするということです。

それが値段なのか、差別化なのかは商品によります。

売れる確信があれば利益率10%でもとることもあります。

自分は資金が最初から数百万も用意できた裕福な人間ではありませんのでいかに早く資金を膨らませるかを考えおり、その根底にある考え方の一つに機会損失を重要視しています。

というのは例えばこの商品を3か月置いたときに、もしその3ヶ月の間で、その商品と再び遭遇することができた場合、2週間で売れている実績があれば、また仕入れする決断がすぐにできます。

もしこれが売れていなければ、まだ在庫あるし…、売れるかわからないし…と消極的な思考になります。

そのように自分で利益をとる機会を奪う、機会損失を可能な限り少なくするためです。

特に初めて売る商品はなるべく早く売ることを心がけています。

明日また同じ商品に出会えるかもしれないからです。

幸いこちらの商品はモノレートを12ヶ月でみていただくと事前にある方が約2か月かけて値段を俺様価格から徐々に下げて売り切った実績がありました。

4月14日に俺様価格で出品

最終6月19日に4900円で売却

4900円に変更したのが5月14日で売れたのが6月19日

どれだけ売れるかはわかりませんでしたが、少なくとも約一か月で4900円で売れた実績があったのがわかりました。

ですので一か月で売るつもりで似たような価格の4980円で出品したのですが、その半分の期間で売れてくれました。

私はこの結果を踏まえて次に遭遇した時に同じ価格で仕入れることができれば、同じ値段で出品かもしくは5480円でもう少し様子をみるかもしれません。

もし仕入れ価格が2980円でしたら、回転を考えて4980円でもう一度販売し利益率33%を一か月以内で取りに行くと思います。

売れた実績というものは次回以降の仕入れ値段から販売戦略を立てるまでたくさんの応用ができます。

見たことがない商品はラッキーだと思って、ぜひリサーチする習慣をつけるべきだと思います。

そしてその商品をすばやく売り切ることで、新たな仕入れ機会を自分で作ることができます。

それが相場が安定している中古の醍醐味であったり、このような流通量が少ない商品を扱った時のメリットだと思います。

本日の記事は以上になります。仕入れ基準、売り方、リピート販売の仕方などまだまだ勉強不足ですが、日々の経験がすべて自分の成長につながるのはとてもうれしいことですね。

本日も閲覧いただきましてありがとうございました