こんにちは。副業せどりのナオです。

本日も数あるブログの中から閲覧いただきましてありがとうございます。

ランキング参加中 クリックしていただけると励みになります にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

 

今日は確定申告のお話

 

以前も少し触れましたが、確定申告の準備はされていますか?

 

簡単に言うと年間で20万円以上の所得(収入-経費)がある場合は確定申告が必要になります。

 

自分は今その準備をしているのですが、昨年の売り上げに関してさすがに確定申告する気がなくなったので

 

税理士へ丸投げする予定です

 

それでも

・銀行の口座明細

・クレジットカード明細

・現金仕入れ用のレシート

・フリマアプリ用の売り上げ

・ヤフオク用の売り上げ

などなど多種多様な情報が必要になります。

どれだけの情報を集めることができるか、どれだけ整理できているかによって

しっかりと経費と主張でき、所得を減らすことができます

 

自分は2016年の2月から本格的にせどりを開始しましたが

約1年間で粗利益260万円という結果になりました

 

もちろんここから色々な経費を計上すると実質どのくらい残るかということを

 

また税理士さん含めて整理していきたいと思います

 

・仕入れ代金以外にも計上できるものはたくさんあるようです

 

こんな様式に色々と記入していくわけですが

項目がたくさんあります。

・通信費

・広告宣伝費

・接待交際費

・消耗品

・減価償却費

・外注工賃などなど

 

はっきり言って、自分だけではわかりきらないところがあります

 

梱包に使うセロテープやガムテープ、プリント用紙などは消耗品

 

インターネット接続のための通信料などは通信費なんて

 

なんとなく素人なりにわかりますが

 

減価償却費ってなんやねん…

 

あまり聞きなれない言葉にググる前に抵抗を示すのは私だけでしょうか?

減価償却っていいのは

例えばせどりをするのにパソコンを購入しました

それが15万円でした

となった時に

確定申告の仕方も白色申告と、青色申告があるのですが

白色申告の場合10万円以上の物に関しては

ものによって決まった年で経費に挙げてくださいねというものです

せどり専用で購入したとしてもその年の経費に15万円すべて計上することができないのです

ものによっては15万÷4となるような4年で計上してください

みたいなことがあるらしいです

はぁ~?

となりそうですがそうなんです。

でも青色申告の場合は30万円のものであればそれが全て経費として計上できるのです

 

こういう税金を納める上でのルールというものは

知りませんでしたでは済まされないものらしいです

 

物販をする上では

仕入れをして、納品して、価格改定をしてという色々なサイクルがありますが

正直そこに集中したいのに確定申告に時間なんてかけてられませんっていうのが私なりの考え方です

しかも過少申告したり、期限が遅れれば追加徴収があったりしますし

税務調査なんて入られた日には言いくるめられて税金ぼったくられそうで

恐ろしいです

 

確定申告するうえではそれらの知識も蓄えて取り組むか

専門者に多少の費用を出しても丸投げするのか?

自分の売り上げや優先したいことを考えて費用対効果を考えていかなければなりませんね

2016年はせどらーが激増した年らしいです

もちろんその中でしっかりと成果を出した方

なかなか成果が出せなかった方色々あると思いますが

成果が出された方はしっかりと自分を守る方法についても考えていかなければなりません

まだまだ確定申告の申請の開始も始まっていませんが

無料相談に行くだけでもかなり知識量が増えると思いますよ

師匠の進めで僕もこんな本を読んでみましたが

面白くてよかったです

http://mnrate.com/item/aid/4534040016

ランキング参加中 クリックしていただけると励みになります にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村