こんにちは。副業電脳せどりのナオです。

本日も数あるブログの中から閲覧いただきましてありがとうございます。

妻も無事に出産をし、昨日病院より退院してきました

ですので今日は部屋の片付けやベッドの組み立て、長男、次男との遊び、妻のフォロー

などなどやることが盛りだくさんでした

ですので今パソコンを開いたのが夜の23時です

今日は休みでしたが、普段も副業で電脳せどりする時間はだいたい同じくらいなので

これだけ色々とやっても、23時には妻も子供たちも疲れて夢の中なので

自分はそっとパソコンを開いています

パソコンで電脳せどりしながら、コーヒー飲んだりするのがちょっとした楽しみでもあります

副業でせどりやると時間ないですよね

でも時間ないない言っても何も変わらないので、電脳せどりにシフトする

スマホ一つで仕入れを完結させる
メール一つで完結させる
色々と工夫する必要性はありますね

さて今日のテーマはコンサルを受けるべき人とはということを記述しています

よろしくお願いします

天下のWiki様は難しいことを言っています
せどりにおけるコンサルティングの有り方は色々とあります
大まかな概略はノウハウを提供し、実践する中で相談にのったり意見を言ったり、いわば家庭教師的なものでしょうか?
そしてきちんと成果を出すまでの道筋を示しフォローしてくれることです

コンサルの現状

私のコンサルもはじめ、コンサルする内容は情報発信者によって千差万別です

取り扱うジャンル
店舗せどり
電脳せどり
情報共有方法
指導方法
期間
料金
などなど情報発信者によって色々と違う点はあります

コンサルって何をしてくれるの?

僕自身もコンサルを受けたことはもちろんありますのでお伝えさせていただきますと

多くはノウハウの提供です
そしてそのノウハウを実践する中でフォローをする形です
フォローの仕方は色々とあります
スカイプを通じて実際に一緒にやったり

日ごろのやり取りはチャットワークなどを通じてコンタクトをとったり様々です

コンサルを受けるべき人とは?

私はせどりを開始して半月で自力では無理だと思いコンサルの申し込みをしました

今となってはですが、初心者ほどコンサルを受けるべきだと思います
右も左もわからない人間が、いきなり全国で20万人以上いるせどらーを相手に無料の情報をかき集めた
はりぼての武器と防具でどうやって戦っていけるのか?
野球をするのにグローブもバットもまともにもたないのに、どうやって野球を上達させるのか?
そう思うからです
またよくよく資金的に厳しい
まずは少額の投資からやっていき少しずつ成長していきたいなど色々な意見を聞きます
全く持って否定はしませんが、私は肯定もしません
例えば資金50万円持っている方が30万のコンサルを受けることに躊躇した場合
①思い切ってコンサルを申し込んだ

②思いとどまって無料の情報で自己にてやろうと決めたとします

①は一時的に30万を失いますが、それによって翌月以降の資金の増え方が大きく変わります

②は資金を失うことはありませんが、翌月以降の資金の増え方はやはりコンサルを受けている人間と比較すると格段に劣ります

3か月後、半年後にはどちらが手元の資金が増えているでしょうか?
もちろんコンサルの有り方や指導者の方針、コンサルを受けるかたの努力にもよるので一概にはいえません
ですが仮にコンサルを受けた場合では一か月で10万円

コンサルを受けなかった場合では一か月で5万円資金が増えたとしても半年後にはおそらく資金は逆転します

どのコンサルを受ければいいのか?

じゃあどんなコンサルを受ければいいのか?と聞かれそうですね

先ほど上述したように、コンサルの有り方というのは情報発信者によって人それぞれです

自分にあったジャンルなんてわかるわけがないですし、店舗がいいのか?電脳せどりがいいのか?

初心者の方には最初からわかるわけありませんよね?

じゃあ何をもって、その人のコンサルを受けるかを考えた時に

この人って信用できるのか?

これにつきますよね。

じゃあ信用するための情報ってどんな情報があればいいのか?

それは人それぞれ基準や考え方が違うのでなんともお伝えしにくいのですが

私が考える信用できる人を決める要因を記述させていただきます

自分と同じ環境、境遇であること
私の中ではこれは必要最低条件だと自負しています

ご家庭の状況はいろいろあるかと思います

副業でせどりをすること

資金10万からスタートすること

最初から専業でやっていきたいこと

幼い子供がいること

田舎に住んでいること

自分の今の境遇を相手に照らし合わせた時に

この方は自分と同じ環境、境遇にいるのに、なんでこんなに結果をさせているのか?

共感というのは相手を信頼するためには大変必要な要素
ではないでしょうか?
自分のせどりの実績をしっかりと公開していること
良くも悪くも、自分の実績の情報なんていくらでも隠ぺいできてしまうのが現状です
月商1000万
月利100万
いろいろなうたい文句があると思います
瞬間最大風速だけわかっても仕方ありませんよね?
だってあなたは毎月しっかりと利益を出せるせどりを知りたいわけです
年間最大月商100万円を達成したいわけではありません
情報発信者の最大瞬間風速だけではなく、今現在の物販の実力をしっかりと把握する義務があります
継続的にしっかりと結果を残すことがどれだけ難しいことかはやってみないとわからないことですが
逆にその情報によってその人の実力がわかるというものです
仕入れ画像なんていくらでも情報を捻じ曲げることができるので
一日50万仕入れー
見込み30万ー
こんなうたい文句より月利のキャッシュフローでいくら増えたのかが大切ですよね
月商600万円 粗利120万円 キャッシュフロー30万円
こんな声もよく聞きます
それよりも月商200万円粗利40万円 キャッシュフロー20万円の方がよっぽど在庫も少なく健全だと思います

今までの自分の経緯

幸か不幸か、今までにコンサル、教材、塾など合わせて総額にして

150万円くらい投資してきました
副業という立場上、時間的に家庭状況から全部が全部しっかりと昇華できたかと言われると
不十分だったものもありますし
しっかりと概要の確認を怠ったために、一週間程度で無駄だと見限ったものもあります
正直なところ結果が出れば、なんでもいいのかな?とも思います
ですがしっかりと結果が出るためには
自分の努力することは当たり前の事
指導者との相性や自分の興味のあるジャンル
さらには上述したような色々な情報をしっかりと確認してからの方がいいかと思います
コンサルを受けて、やっぱやめたーというのはあまりに相手に失礼ですし
そのコンサル生をとることで、他の希望者を不採用にしたということもあるそうです
受ける決断をしっかりと決めたなら最後までやり通すことは義務ですが
その決断が間違っていなかったと思えるようにしっかりとコンサルを受ける上では検討したいところですね

最後に

自分自身コンサルをしながら、色々と学ぶ立場でもあります

でもそうやって自己向上心をもって、実践し成果を出せているという背中を見せることが
コンサル生には良い刺激になるのかと思っています
人に教えるということは、自分が理解することよりもはるかにハードルが高いことだと思います
よく結果が出ないということに対して
行動が足りていない
と言われますが
コンサル受ける決意した人と言うのは生半可な気持ちではやっていないと思います
行動が足りないというより、行動の仕方がわからない
自分の何が悪いのかわからない
ノウハウを学ぶことも大切ですが
PDCAサイクルに従って、問題点を抽出して、それを解決しきながら、いいところは徹底的に伸ばしていく
そんな関りがコンサルを通じてできればいいなと思っています

興味があればこちらのコンサルフォームへの登録をお願いします

今のところ正式な募集は8月下旬頃を予定しています

コンサル専用フォーム