こんにちは。ナオです。

本日も数あるブログの中から閲覧いただきましてありがとうございます。
先日はコンサルの募集をかけて、当初の予定をはるかに上回る応募があって大変感謝しています
色々と下準備しながら、専業になるにつれて色々と手続きをやっていました
せどりで専業になるにあたって、色々な手続きが必要になり、悪銭苦闘していました
今回自分が8月の中旬になってから、色々と動いたその点について明記していきたいと思います
専業になるにあたって考える必要があること

・健康保険

健康保険について
会社員の方は知っていると思いますが、自分が会社の加入している社会保険に所属するという形になります

その際にはこのような保険証が発行されます

社会保険料は半分を会社が負担してくれているのですが
今後会社を退職した際の選択肢としてはいくつかあります
任意継続2年
国民健康保険への加入
①はその言葉通り、任意で2年間会社の保険に所属した状態を継続できるという意味です
ですが実際には、退職しているので、今まで会社が負担してくれていた保険料を自分が負担することになります
そのため実質的な保険料は倍になります
②については地域で管轄している健康保険に加入するということになります

こんな感じの保険証を発行してもらう形になります

これはもちろん地域で管轄しているので、例えば引っ越しなどするとまた手続きをし直さないといけません

保険料については、所得によって変わってくるので、結果的には
実際に試算してもらって、安い方を選択する形になります
あと子供がいる場合には、基本社会保険料は無料なのですが
②の国民健康保険に加入する際には保険料が上乗せされます
それも含めてどちらが高いのかを検討する必要があります
職場によっては、夫婦共働きで、夫は国民健康保険
へ変更し
子供たちを妻の社会保険の扶養という形をとって、社会保険料を会社が負担してくれるという形もとれるところもあるようですが


うちの職場は基本収入があれば夫が世帯主ということで

自分の扶養に加入するという形になりました

そんないい職場はあまりないですよね

・年金