こんにちは。

ナオです。
本日も数あるブログの中から閲覧いただきましてありがとうございます

先日からヤフーショッピングの特徴や魅力を少しずつ記述しています

僕自身ヤフーショッピングに出店してまだ5ヶ月目ですが

それでもその魅力に期待値がとても高いプラットホームです

ほとんどの方がご存知かと思いますが

本日4月24日よりFBAの手数料改定がなされました

1個当たりの手数料が概ね100円ほどの値上げ

今までまとめ買いによる出荷手数料も

統一化されたので

まとめ買いによるメリットがなくなったので

薄利多売系は結構なダメージかと思います

今後もAmazonではこのような規約変更が見受けられると思います

そこで求められるのはやはり状況に合わせた柔軟性

すぐに行動できる決断力、行動力かなと感じています

メインプラットホームのAmazonに注視することはもちろんのこと

どんな状況でもしっかりと結果が出せる取り組みが求めらえると感じます

前置きはさておき

今日もまたヤフーショッピングについてのお話をしようと思います

手数料の面や様々なデメリット解消のためのツールなど

ヤフーショッピング出店へのハードルは下がってきています

Amazon、楽天、ヤフーショッピングと3巨頭並ぶ中で

まだまだ出品者を増やしていきたい匂いがただよっています

仕入れ元を多数持つことと同時に販路も多数持っていればそれだけで

リスクヘッジや資金繰りがよくなることは言うまでもありません

今日はそんな中で特にヤフーショッピングへ出店すべき

対象者に着目して記事を書いてみます

ヤフーショッピングへ出店すべき対象者は?

専業でせどりをしている方

専業でせどりをやっている方はすでにヤフーショッピングへ出店していないと

相当まずいかと思っています

Amazonで複数アカウントを所持し

リスクヘッジしている方もいると思いますが

それは当たり前です

1つのキャッシュポイントに頼るのであれば

少しでも多くのアカウントを持っておくのが基本ですが

1つのアカウントが停止した場合

紐づけされるのは時間の問題です

一度停止したアカウントが出品していた商品を

再度別アカウントで販売しようもんなら速攻でアカウント停止の連鎖に巻き込まれます

Amazonアカウントが全滅したもしくは、Amazonの大きな規約改定によって

販売力が低下することを少しでも懸念するのであれば

1つのプラットホームに頼るのではなく

別のプラットホームも持っておくべきだと思います

僕自身は常日頃Amazonのご機嫌をうかがいながら販売することに抵抗と

危機感があったので販路を広げようと決意しました

それも昨年の12月でしたけど

色々とやっていく中で

もっと早く取り組めればよかったなと後悔しています

資金繰りが悪い方

Amazonはその集客力から商品によってはよく売れるという印象が持たれます

売れるためにはカートの取得が必須になりますが

特に新品コンディションの場合は

差別化ができないため

結局はカート取得率に身をゆだねる形になります

10人同じ条件だとしたら

10%のカート取得率

1日10個売れる商品なら1にち1個ペースで自分から買われることになります

その売れ行きで問題なく資金が回収できるのであればいいのですが

出品者の増減によって

回転が良くなる場合も、悪くなる場合もあります

良くなればいいのですが、いい商品と言うのは目立ちますので

すぐに出品者が群がります

別販路、別の客層に販売することで

それらのリスクが軽減し資金繰りがよくなります

副業で今の売り上げに満足していない方

売り上げに満足していない場合

多くは仕入れ商品や仕入れ量に問題があるのか

仕入れ商品そのものは悪くないのに回転がよくないなどが挙げられます

仕入れ量は確保したのに

期待したほど売れていかない

逆に売れすぎることによって在庫不足になる

副業という立場上

様々な制限を受けやすいですが

せっかく仕入れた貴重な商品を少しでも高値で売りたい

利益率を上げていきたい

そんな場合は価格変動が大きいAmazonよりも

高値でおいても売れていくヤフーショッピングはいいと思います

例えば商品によって月に5個程度しか確保しにくい商品を

Amazonではカートをとるのに4500円で月に20個

ヤフーショッピングでは5000円で月に10個売れる場合

確実にヤフーショッピング用の商品として置いておくことが利益率向上につながります

構築作りが好きな方

Amazonせどりの場合商品リストを構築することになります

ただその商品リストも出品者の増減によってはゴミリストになります

メーカーや卸、中国輸入など

仕入れ元を差別化し、最安値で購入することによってAmazonでは差別化が可能ですが

ヤフーショッピングではそこからさらに

売れやすくするための構築が可能です

同じ商品なのに高値で別店舗から買われる

そんな摩訶不思議なことがヤフーショッピングでは日常茶飯事で起こります

ヤフーショッピングに出店したとしても

その構築をしないと自分の店舗からは買われません

そういう自分の店舗としての立ち位置や

商品ページなどに独自性を持たせて

1つのお店として差別化するための構築が好きな方

はヤフーショッピングに向いています

データ分析が好きな方

ヤフーショッピングはストアクリエイターProというツールを使って

管理しますが

そのツールには様々なデータが集約されています

商品がなぜ売れにくいのか?

どうやったら売れてくれるのか?

そのヒントになるデータが集約されています

何もわからずに使わないのはただの無知ですが

そのデータを理解し分析し

検証→構築することができると

ものすごい強みがもてます

私自身ヤフーショッピングに出店する中で色々と商品を並べていますが

やはり対策をきちんとしている店舗と

ただ並べているだけの店舗が散見されます

対策している店舗を見極め

潔く身を引きAmazonメインで販売するもの

きちんと対策し独自性を出すことで

Amazon以上の利益が出せるヤフーショッピングメインで売る商品など

すみわけができるようになります

サブアカウント管理が難しい方

売り上げを伸ばす1つの方法にAmazonアカウントももう一つ持つことも推奨されています

もちろんメインと同等の売り上げをサブアカウントでも達成できればいいのですが

現実的には難しいです

商品選定やアカウント別の在庫管理

納品、価格改定

1つのアカウントでしっかりと売り上げを伸ばす管理をするのも大変ですし

それをさらにもう一つ同等の結果を出そうとするのは正直現実的ではないです

そのためリスクヘッジのためサブアカウントを持ちながら

メインアカウントに第二の矢を持つことが管理の面でも

売り上げの面でも良心的と感じています

出店しない理由は基本的にはない

Amazonでせどりをしている方は

基本的に全員ヤフーショッピングへ出店すればいいとさえ思います

販路が増え資金繰りがよくなり、リスクヘッジになることを悪いと感じる方はいないはずです

しいていえばツール代金を回収できるかどうかという点のみかなと思います

今月の実績を一部公開

僕自身ヤフーショッピングへ出店して

5か月目になります

幸いに月商は右肩上がりですが

それでも伸びしろがもっとあればと悩んでいました

結果を検証→反省→仮説→実行→検証→反省…を繰り返しながら

少しずつ芽が出てきて

ここ最近ぐっと伸びてきました

日商6万円もあれば月商180万円

利益率も25%は最低として30%まで持っていけそうなので

ヤフーショッピングだけでも月収50万円は超えそうです
ヤフーショッピングの売り上げも

ヤフーショッピング売り上げ
ヤフーショッピング売り上げ

4月の前半は1万から多い時で8万円くらいとばらつきがあり

最高売り上げ10万もいってませんでした

中旬にかけて色々な施策に目が出てきて

売り上げに安定感と最高日商も突破しました

こうやってみるとAmazonの売り上げがいいだけだろうと思うので

合わせて載せてみようと思います

ちなみにヤフーショッピングの方と紐づけしている

メインアカウントの実績になります

ヤフーショッピング売り上げ
ヤフーショッピング売り上げ

比較してみるとやはりまだばらつきはあるんですが

それでもAmazon15万

ヤフーショッピング15万の時もあります

以前はAmazonの売り上げに対して

20%くらいまでいけば大満足と思っていましたが

とんでもない

ここ最近の実績で言えば

5割から6割というかなりの高水準をキープしています

ヤフーショッピングのポテンシャルは?

手数料や併売ツールのおかげでヤフーショッピングのハードルは大分下がっています

ここ最近の自分の実績を考慮するとAmazon売り上げに対して

50%程度までは持っていけそうな印象です

そのような話を聞くと

Amazonのアカウント2つなら実質2倍とか

思ってしまいますよね?

ちなみに自分もアカウント2つ所持しているので

同じように思いましたし

実践してやってみました

ただ思うんですけど

1人では無理でした

メイン、サブである程度商品種類を分ける必要性がありますし

紐づかないための管理やそれぞれの在庫管理をしながら商品を分ける

組織化すれば

それぞれに責任者をつけることで

メイン、サブを同等の売り上げ水準にすることは可能だと思いますが

個人レベルまたは法人でも単身の場合はなかなか難しいのではないかと感じました

メインアカウントに注力しながら

リスクヘッジでサブアカウントを持つ

さらに売り上げを伸ばすために注力しているアカウントの矢をさらに伸ばす

この方法がわりとしっくり来ています

もちろん組織化したら

サブアカウントにも注力して

サブだろうが、メインだろうか

どっちでもないような状態に持っていこうと思いますが

当面このスタイルがあっているかなと感じました

最後に

ヤフーショッピングの魅力について

手数料の面や資金繰りの話をさせていただきました

サブアカウントを取得することによる

単身での管理の難しさを感じ

注力しているアカウントの矢をさらに伸ばすことが管理しやすいと感じました

アカウントを増やしたり

人手を増やしたりすることが難しい初心者の方や

売り上げを伸ばしたい中級者レベルの方

僕自身は自分の事を上級者と言うつもりはありませんが

Amazonだけの月商で700万達成している自分でも

ヤフーショッピングは出店すべきだと感じています

こういうと全員なんですが

ほんとにコスト面さえクリアできるなら出店しない理由はないかなと感じます

何か困っていることはありませんか?
こちらから気軽にご相談ください
友だち追加
友達登録はこちらから♪

有益な情報を発信します。
メルマガ登録はこちらからお願いします
メールをお好みの方はこちらへの登録をお願いします