こんにちは。ナオです。
本日も数あるブログの中から閲覧いただきましてありがとうございます。

今日の記事はポイントについて

今や〇〇ポイントというのはどこでも耳にする言葉ですよね

有名なポイントとして

楽天ポイント

Tポイント

ほかにはクレジットカード特有のポイントなども多数あります

自分の場合だったらイオンカード使用しているので

イオンポイント
もそうですし

アメックスカードに付与される

永久不滅ポイント
なるものがあります

これらのポイントの使い道を少し考えるだけでも生活がだいぶ潤いますよ?

ポイントの使い道

今や様々なサイトやサービスを利用することによって獲得しやすくなったポイントですが

その利用幅もだいぶ増えてきました

ポイントをマイル交換したり

電子マネーやギフト券など現金化できるようになってきました

様々なサービスも充実し

商品だけでなく施設利用や

旅行などポイントの利用用途は格段に増えています

せどりはポイントがざくざく貯まる

せどりは仕入れをする際に多くの支払いをするのでポイントが非常に貯まります

ハピタスやラインショッピング、楽天ROOMなど様々な媒体を経由して

ポイントをためやすくする工夫もあり

ポイントの3重とりとか結構耳にしますよね?

獲得したポイントをせどりの仕入れに使った場合

特にネットショップでの仕入れではポイントを加味することで仕入れ幅を格段に増やすことが可能です

実際に仕入れ原価5000円

Amazon販売価格6500円、ポイント20%キャッシュバックなど様々なパターンがありますが

この例でいくと利益489円ポイント1000円で実質利益1489円 利益率23%

こんな表現で商品を紹介したりする情報発信者も多数います

この場合次回の商品の仕入れにこのポイントをすべて使うことによって

1000円分のポイントが丸々利益に上乗せされることになります

こうやって貯まっては使って、貯まっては使ってを繰り返すことで

徐々に利益が増えていくわけです

増えた利益が待っているものは?

増えた利益が待っているのは3月15日までに申告しなければならないもの

そう確定申告です

確定申告ではこの得られた利益からさらに必要経費を計上し

在庫をプラスして所得として計上します

所得税は個人の所得状況によって課税率が変わりますが

ここではわかりやすくするために10%として考えてみます

仮に様々なポイントの恩恵を受けながら

所得として50万円の所得を得たあなたは10%の課税で5万円の所得税が必要になります

さらに住民税として約10%の5万円が住民税として請求されることになります

そして残った40万円があなたの所得であり

その所得の中から生活の費用に充てたり

自身のために使われたりします

獲得したポイントを仕入れではなく利用する予定の生活用品に充てたら?

先ほどと同じように商品を購入するたびにポイントが貯まります

例えば先ほどの例でいうと

5000円仕入れた商品が6500円で販売し

利益489円のポイント1000円

このように貯まったポイントを仕入れに使わずにその都度生活に必要な

もともと稼いだ所得で使用する予定だった生活用品に充てていたらどうでしょうか?

例えば所得として40万円、ポイントを10万ポイントという割り振りとします

10万ポイントは生活に充てたためないものとします

見かけ上の所得が40万円なので

所得税10%で4万円とと住民税10%の4万円で合計で8万円となります

ここで改めて比較してみると

ポイントをせどりに充てた場合50万円の所得に対して10万円の税金が発生したことにより

使える現金が40万円になりました

ポイントを生活に充てていた場合は32万円の現金です

稼いだ所得が多くても結局使い道が同じなら…

所得が40万円あったとしても結局そのうちの10万円を生活用品に充てることになっていたとしたら

最終的に残る現金は30万円となります

同じ10万円を生活に使っているにも関わらず

手元に残る現金は2万円の差ができてしまいました

税金の勉強をしていると

私は複式簿記ができるわけでも税制度を把握しているわけでもないので

基本的には税理士へすべて管理を依頼しています

ですが、自身で節税のために色々な本を読んできました

どの本でも書かれていることですが

税金を減らしたいのであれば現金を減らすこと

ただ現金を減らしすぎると事業が回らないので

あくまでも節税の範囲内ということです

稼ぎの一部が生活の支出になるのは当たり前

みなさんが稼いで所得を上げる理由は

税金をたくさん払うことではなく

生活を豊かにすることですよね

生活を豊かにするうえで必要な

生活用品の支出がどれだけあるかわかりますか?

私が言っているのは

例えばソファーや家具など

娯楽で使う浪費ではありません

そんな浪費をするくらいなら多少税金がとられても

現金を残しておいた方がいいわけです

今回お伝えしたいのは

生活に必要な消耗品や

月々必ず支出することが明確な日用品関係のお話をしています

例えばうちはまだまだ子供3人のうち2人がおむつ使っているので

おむつの消費がとんでもないです

うちではアンパンマンが好きなのと安くて漏れにくいのGENKIを使ってます笑

ポイント使い方
ポイント使い方

こちら3個セット10710円から15%引きで9831円

実は9個で9831円は近所のドラッグストアとほとんどかわらないどころか少し高いくらいなんですが

ポイントの使い方
ポイントの使い方

ポイントで全払いしてもキャッシュバックの楽天ポイントが2318ポイント付与されます

これによって実質負担は9831-2318で7513円となり

おむつ1個あたり834円で購入できたことになります

近所のドラッグストアが1000から1100円くらいなので

大変お得な買い物でした

自身の所得を下げて、節税し、ポイント使って日用品を買うことで生活支出も減らせる

そしてせどりをやっているおかげでとんでもなく安く仕入れ…間違えた

安く買うことができるということです

ほかにも子供が3人いるのでお米なんかも消費が激しいです

ポイント使い道
ポイント使い道

こういう消耗品はほとんど僕がせどりで獲得したポイントで購入していますよ

生活支出以上にポイントを使うのはただの浪費

生活支出以上にポイントを使うのは

消費ではなく浪費になってきます

ご褒美で使ったりするのはもちろんいいと思いますが

どんどんポイントですきなものを買ってしまえというのであれば

それは立派な浪費です

せどりしていても現金が増えるわけではないので

家庭も潤いません

自身の生活支出を整理してみましょう

せどりは稼ぐ目的でやっているので

もちろん現金を増やしたいというのはあります

現金を増やすことでさらに仕入れにまわし

複利効果で現金がどんどん増やせます

ですがどのみち稼いだお金の一部は

必ず生活の支出に充てられるので

最低限必要な生活支出はポイントで充てるようにしてみてはいかがでしょうか?

ナオの家庭の場合

自分の家庭の場合

まずせどりで稼いだ収益のうち50万円は強制的に生活用口座へ移しています

これは節税のためです

私のように法人化した人間は

私の給与を決めることが可能です

会社が社員に給与を支払うメリットは?

会社側から見れば私に給与を払うことで、その給与を経費に上げることが可能です

これにより会社の所得が減り、法人税を減らすことが可能です

私は会社から給与を受け取る身となるので、給与所得者となります

この給与所得者は会社員と同じような扱いとなり、給与所得控除があります

この給与所得控除によって私は所得税を減らすことができます

あと話は別ですが、会社の代表に妻の名前も入れているので

妻がこちらの事業を一部手伝えば給与を支払って節税させることも可能です

10万円分はポイント生活しています

せどりの仕入れで獲得したうちの10万円くらいはポイントを使うようにしています

この辺りは生活支出と現金を増やすことのバランスなので徐々にポイントを増やすように調整している感じです

ポイントの使い道
ポイントの使い道

なのでナオの家庭の場合は

妻に言ってもらって必要な消耗品はポイントで買うことにして

給与として入ってくる50万円からの支出を少しでも減らすようにしています

もちろん50万円も使うわけではないですが

自分の家の場合住宅ローン控除があるので(^^♪

住宅ローン控除?

少し話が脱線してしまうのですが

せっかく話にでたので(^^♪

私の家では住宅ローン控除をあと8年受けることができます

住宅ローン控除は、住宅の借り入れ残高が例えば3000万円借りていた場合

年末の借り入れ残高の1%にあたる30万円が所得控除の対象となります

そのため先ほど挙げられた給与50万円に対して課税された所得税が

確定申告によって最高30万まで控除されるということです

もしナオの給与をそんなにいらないので30万円でいいやとしていた場合どうなるでしょうか?

その場合はナオの所得が減ることになるので

たくさん所得税を払っていないことになります

住宅ローン控除によって所得税を控除しきれない場合は住民税から控除されるのですが

それでも控除されない分(つまり住民税もそんなにはらってない場合)は無駄になってしまうのです

なので住宅ローン控除を最大限活用し

かつ法人税、所得税、生活支出を減らすような工夫をして

世帯のお金を増やすようにしているわけです

せどりをやってよかったなと感じること

もし自分が理学療法士という仕事でそのまま生活していたら

単純に給与が少ないので

生活自体は成り立っていなかったというのはもちろんあるんですけど

このような生活を少しでも豊かにして

お金減らさない知識を学べる環境に身を置けたということはとてもよかったなと思います

おむつ一つとっても

近所の安売りしているスーパーが一番安いだろうと思っていたでしょうし

ポイントの使い道とか獲得の仕方なんて全然わかっていなかったと思います

せどりで実績が伴ってくると

お金を稼げるようになることに目を向けがちですが

お金が増えすぎても税率が高くなって

結局生活が豊かにならないのでは意味がないですよね

節約という名のただの我慢ではなく

稼ぐスキルを身につけることはもちろんのこと

生活に必要なものをストレスフリーでより低コストで手に入れる工夫も

せどりを学ぶことでできるようになってきます

ぜひポイントの使い道についても考えてみてください

何か困っていることはありませんか?
こちらから気軽にご相談ください
友だち追加
友達登録はこちらから♪