こんにちは。ナオです

本日も数あるブログの中から閲覧いただきましてありがとうございます

今日はアマゾンの新サービスのお話です
まだまだ不明確な点も多いので
色々と調べています
Amazon梱包準備サービス
Amazon梱包準備サービス
おお~という喜びとも驚きともいえる声が聞こえてきそうですよね

FBA梱包準備サービスが利用可能な商品条件

その利用可能な商品条件も明記されていました

コンディション:すべて可 (新品、中古、コレクター商品、再生品)
商品タイプ: すべて可
ASIN:商品のそれぞれに読み取り可能なバーコード (ISBN、UPC、EAN、またはJAN) が付いていること
バーコードは、破れや汚れがあったり、バーコードが何かに覆われていて読めない状態であってはいけません
商品に対象外はなく、バーコードなどの識別コードがあればいいということですね
小型商品はもともと数百円の利益なので利用する人はほとんどいないでしょうけど
要期限管理商品や危険物なども利用できるとそうで大変ありがたいですよね

FBA梱包準備サービスの手数料は?

気になる手数料がどれほどかですよね

梱包準備サービス手数料
梱包準備サービス手数料

商品によっては袋詰めしたり、エアキャップで保護したり必要ですし

私のようなヘルビをよく扱っている場合なら、セット売り商品でセット用に梱包しないといけません
そういったものまですべてやってくれそうですよね

FBA梱包準備サービスの実際の流れは?

実際の開始日時は2018年5月10日から開始でするそうです

実際にプライスターなどの外部ツールを利用している場合
どのような絡みがあるかは気になりますね
また実際の手順では自分で色々と選択しながら進めていく必要があるようですね
FBA梱包準備サービス
FBA梱包準備サービス
最初は手順書を横目に色々とやる必要がありますね

FBA梱包準備サービス利用のメリットは?

FBA梱包準備サービスを利用することでほとんどの商品をAmazonに丸投げできるというのは大変大きなメリットですよね

手数料としても100円いくかどうかというコストなので大変魅力的です

FBA梱包準備サービス利用のデメリットは?

新サービス開始時というのはどうしてもシステム的な問題

人員的な問題がでやすいのはどの企業でも一緒ですよね
システムエラーや不慣れによる作業ミス
それによる納品不備や受領遅延など様々な問題が予想されます
そういった面を考慮するとシステムとして様々なアップデートや修正がされた段階で
徐々に開始するほうが賢明かもしれません

FBA梱包準備サービス開始の思惑は?

2017年にAmazon新サービスのパートナーキャリア利用による無料キャンペーンが目新しいかと思います

当時はその恩恵にすがって利用しまくったものですが今の現状はどうでしょうか?
軒並み配送業者の値上げ、アマゾンFBAパートナーキャリアのメリットもなく通常配送と同額への値上げ
新サービスを開始したことによって社会的にも様々な変化がおこることは容易に予想できます
今回のサービスを開始することによって
今まで自己発送で利用していたメーカーや問屋などもFBAに参入するようになればどうでしょうか?
メーカーや問屋がFBAを利用しない理由の1つに梱包要件や納品作業に対してのシステム的な理解、参入に抵抗があった場合
今回のサービスはそれを丸投げできるような体制にもなりかねません
そのような事態になればせどらーは正直どんどん排除されていく可能性もありますね

最後に

FBA梱包準備サービスという一見私たちせどらーにとってよかれと思われていることも

ただうれしく利用するだけではなく、その先を見据えた利用や
今後を懸念した行動が求められます
ここ最近でもFBA手数料の値上げがあったばかりで様々な変化があるのがAmazon仕様です
せどり=Amazonという一本の柱で頼るのではなくそれぞれのプラットホームのいいところどりをして
しっかりと利用、稼いでいきたいところですね
PS
私が最近おすすめしているプラットホームはヤフーショッピングです
先日の5のつく日は、さすが5のつく日というだけあってヤフーショッピングの売り上げが爆発しましたね
Amazonせどりだけでなくヤフーショッピングでも稼いでいけるコンサルは近日募集していきます
ヤフーショッピング売り上げ
ヤフーショッピング売り上げ
何か困っていることはありませんか?
こちらから気軽にご相談ください コンサルが気に合っている方はこちらを優先して案内していきますのでご登録お願いします
友だち追加
友達登録はこちらから♪

コメントを残す